デジトレ診断 > お知らせ

サブスクの着実な浸透

ベビージョブ https://baby-job.co.jp/

ベビカル https://babycal-jre.com/

いずれも、ベビー(幼児)向けのサブスクリプションサービスです。


ベビージョブが提供するのは、「手ぶら登園」という紙おむつとおしりふきが使い放題となるサービスで、ユニ・チャームと連携しての提供。
保護者が月額費用を支払えば、 紙おむつとおしりふきが保育施設に届くサブスク。

単に面倒だとか買い忘れ防止とかにとどまらないところが関心したポイントで、
・紙おむつに名前を書く必要がなくなった(保護者がきちんと名前を書いて持参する必要があった)
・園児ごとに管理する保育士側の負担も減った
・使用済みのおむつの一括回収もしているので使用済のものを園児ごとに管理する手間もない
・使い放題プランなので園児の状態にあわせて遠慮なくおむつ交換ができるようになった
という、副次的なメリットもあるサービス設計になっているのがすごい。

デジタルの活かし方としては「つながる力」ですが、単に保護者とつながるだけなら、自宅におむつがサブスクで届くわけで、なんとなく従来からある話なわけですが、保育施設ともつながることで、その利便性が各段に向上する。

つながるために、スマホアプリとかを作らなければいけないわけではなく、従来からあるWeb注文の手段でも入口は全然構わない。やはり提供しているものそのものが「便利である」ことが本質であるわけですね。

ベビージョブは、もともと保育所の運営から保育士の求人・転職サイトの運営をされているようで、保育士の現場を見ているからこそのサービスなのだと思います。


ベビカルは、ベビーカーのレンタルサービスで、JR東日本と西武ホールディングスが展開しているもの。
まずは西武鉄道の駅に導入されたと先日新聞報道で目にしました。

商業施設でのベビーカーレンタルは従来からあったけど、施設内に限定したものだった。それを駅を拠点に貸し出しすることで、駅の利用、駅を中心とした街の回遊につなげていこうという視点ですね。広義のMAASかな。
エキナカじゃないけど、人々が日常的に利用する駅を軸にしたサービスっていうのは、まだまだ広がりそうですね。


子供向けのサブスクは、こちらのサイト(https://www.kitalog634.com/entry/childcare-subscription)でも紹介されていますが、離乳食やらベビー用品やらと広がりを見せているようです。

考えてみれば、育児って、大概の場合、誰もが初心者なんですよね。それで初心者のままで没入しているうちに子供たちはぐんぐん大きくなってステージが変わっていく。幼稚園、小学校、中学校、・・その都度必要なものって変わるので、学ばなければいけないことも変わっていく。

共働きが当たり前の世の中、そういった情報収集に費やせる時間も、たぶんかつてよりはずいぶん減っているんでしょう。そういう中でサブスクには、学びを省力出来るという利便性もあるのかもしれませんね。

ひざの上で赤ちゃんを抱く父親のイラスト

デジトレ診断の紹介動画をパワーポイントで作ってみました

デジトレ診断の紹介動画を作成しました。
こちら、実はパワーポイントなどなどで作ってみたもの。

 

■こんな感じでパワポでパラパラ漫画じゃないですけどページを作成

 

■ページの切替とかは「画面切り替え」タブとか「アニメーション」タブで適度に設定

 

■BGMはこちらで

FREE BGM DOVA-SYNDROME https://dova-s.jp/

 

■ナレーションもつけられるんです

すごいですよね、文字入力すると読み上げてくれる
ちょっとしたコツも必要です 「AI」より「エーアイ」の方が確実に読み上げてくれたりします
クレジット表記して利用させていただいています。

音読さん https://ondoku3.com/ja/

 

■デジトレ診断をスマホで操作している動画

これはもっときれいに撮りたいところですが、自撮りで撮影したもの

・トリミングはパワポでもできました(画像のトリミングと同じようにサイズ範囲をトリミングできますし、長さのトリミングも可能です)

・速度を倍速化していますが、これはパワポではできなかったのでこちらを利用
 https://www.media.io/jp/change-video-speed.html

 

■動画生成

 パワポであれこれ設定してスライドショーで何度も確認した上で、「ファイル>エクスポート>ビデオの作成」で完成です!

解説シートの提供を開始しました。

デジトレ診断をさらに有効にご活用いただけるよう、本日2021年10月1日より、あらたに「解説シート」のご提供を開始しました。

解説シート(下図サンプル)は、デジトレ診断の設問番号一つに対して一枚ご用意しております。
「目指そう」「まずやろう」「デジタルは、こう活かす!」の3つの視点で、その設問に取り組む方法を解説しています。

100問のデジトレ診断を実施いただき、自社にとって伸ばしたいデジタルを見つけ出した後、実際に次の一歩を踏み出すためのきっかけとしてご活用いただければと思います。

解説シートは、デジトレ診断の回答後のページでダウンロードできるようにしております。

長野県下18商工会議所と連携した取り組みをスタート

合同会社デジトレは、日本商工会議所、長野県商工会議所連合会、長野県下の18商工会議所、特定非営利活動法人長野県ITコーディネータ協議会、一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会、一般社団法人Work Design Lab(ワークデザインラボ)と連携して実施する、中小企業のデジタル化支援強化に向けたトライアル事業にご協力させていただきます。

このトライアル事業では、長野県下18の商工会議所の職員の皆様にデジトレ診断をご活用いただきます。
中小企業からのデジタル化に関する相談対応時に、当該企業のデジタル活用度を簡単に診断できるツールであるデジトレ診断を実施することで、デジタル化の課題を素早く把握し、各専門家とスムーズに連動することを実証するものです。

中小企業がデジタル化に取り組むまさにその入口で、立ち止まり、悩み逡巡する時間をどこまで減らせるか、デジトレ診断がどこまでお役に立てるか、職員の皆様への情報発信やセミナー実施も組み合わせて、万全の体制で本事業に取り組ませていただきます。

トライアル事業の詳細は、日本商工会議所の発表資料をご覧ください。https://www.jcci.or.jp/it/2021/0930235526.html

説明を受けるカップルのイラスト

デジトレ診断のバージョンアップを順次行っています。

全ユーザーの平均点がスコアシートに反映されます。他社と比べてどのような デジタル活用度なのかを確認できます。(2021年9月1日リリース済)

デジタル5つの活かし方をスコアシートでより詳しく解説します。

デジトレ診断の結果を見て、最も伸ばしたいと感じた設問の解説シートを入手できるようになります。

・目指したい姿

・まずやりたいこと

・デジタルの活かし方

デジトレ診断を活用した研修 やまぐち産業振興財団様

デジトレ診断を活用した研修例のご紹介です。
2021年9月10日にやまぐち産業振興財団様にて実施した研修スライドをご紹介します。

主な演習の流れは次の通りです。

1.デジトレ診断によりデジタル活用度を自己診断する
2.経営課題整理シートにより自社のこれまでとありたい姿、取り組むべき課題を整理する
3.経営課題整理シートとデジトレ診断結果を参考に、伸ばしたいデジタル選抜シートにより、取り組むべきデジタル活用テーマを選ぶ
4.デジタル化DMMによって、選択したテーマを具体的にどのように改善したいのかを具体化する
5.全体をデジタル化マップで整理して、社員に説明できるようにする

もちろん、短時間の演習なので、完璧に書けなくてもいいんです。
「ああ、こういう視点で整理していくのか」を体感いただくのが狙い。

今回はオンラインで実施した1日コースでしたので、作成方法をざっとご説明した後は、zoomのブレイクアウトルームで各社ごとにフォローさせていただく運営としました。
書けるところ、書けないところ、書けるけど曖昧なところ、具体的に書いたけど経営課題とデジタル活用がリンクしていないところ、などなど、文章化してみると、思考の整理が必要な箇所が浮かび上がります。

それにしても企業様それぞれで直面している課題、解決の方向性がほんとうに千差万別だなー、と、あらためて実感した1日でした。

お疲れさまでした!

デジトレ診断を活用した研修 中小企業大学校 人吉校様

デジトレ診断を活用した研修例のご紹介です。
2021年9月2日~3日に中小企業大学校 人吉校様にて実施した研修スライドをご紹介します。

主な演習の流れは次の通りです。

1.デジトレ診断によりデジタル活用度を自己診断する
2.経営課題整理シートにより自社のこれまでとありたい姿、取り組むべき課題を整理する
3.経営課題整理シートとデジトレ診断結果を参考に、伸ばしたいデジタル選抜シートにより、取り組むべきデジタル活用テーマを選ぶ
4.デジタル化DMMによって、選択したテーマを具体的にどのように改善したいのかを具体化する
5.全体をデジタル化マップで整理して、社員に説明できるようにする

もちろん、短時間の演習なので、完璧に書けなくてもいいんです。
「ああ、こういう視点で整理していくのか」を体感いただくのが狙い。
今回は2日間コースということで、途中でケース企業演習も交え、特に、デジタル化DMMを作成する視点を受講生同士で共有することができました。
結果として、受講生の皆様それぞれ、とてもよく分析整理された成果物を作成いただきました。

お疲れさまでした!

<1日目>

<2日目>

時代の変化を感じるニュースあれこれ 8月30日版日経MJより

8月30日版の日経MJでは、今という時代を感じられる記事が目白押しでしたのでピックアップしてご紹介します。 

「Zの時代 「共感」の隠し味 調合中」

この記事では、味の素と伊藤園、キリンビバレッジ、ミツカングループでのZ世代に向けたマーケティングアプローチが紹介されています。
中でも注目したのは、味の素での取り組み。社内公募で集めた平均年齢27歳の若手社員が中心となってZ世代事業創造部というのを発足させ、様々な事業創出にトライしていると。
他の世代の事を無理に理解しようとせず、その世代のメンバーに任せる。とても重要な考え方だと感じます。

「東京のモス、秋田から接客」

オリィ研究所が提供する遠隔ロボを使って、秋田県在住の難病患者が注文をとり、商品を届ける。社会を構成する一人のスタッフとして働き、つながる機会をデジタル技術が提供する。通学できない子供がオリィを使って遠隔授業を受けたりというケースも聞きますし、もうこれは、スタンダード・日常的な景色になるのでしょう。パラリンピックやThe15の活動を通じて映像として目に触れる機会が増えるにつれ、遠慮や差別、排除といったココロのハードルが下がり、成し遂げられる環境がデジタルにより整う。未来って人々が創っていくものなんですね。

「新品より古着 物語伝える」

パタゴニアでは、自社の古着を買い取りリセールする「Worn Wear」を日本でも始めたという記事。「製品の寿命を延ばす」「レスポンシブルカンパニー」「捨てるのであれば私たちの手元に戻してほしい」。アパレルって、新しい服を生み出して収益化するもんだと思っていたら、自社が生み出した過去の商品を再度価値化していく、新しい服をやみくもに生み出すことなく別の軸で収益化する。頭で考えるSDGsではなく、実践するSDGsっていうのはまさにこういうことなんですね。そういえば、マツダがロードスターをレストアするサービスをしていました。こういう動きは増えていきそうです。

「部活にも「スポーツテック」」

サッカー選手やバスケットボールの選手がユニホームを脱ぐとタンクトップのようなものを着ていることをたまに目にしますが(スポーツブラ)、センサーで身体の状態を計測してスポーツのパフォーマンス改善に役立てるツールがあります。こういったスポーツテックの価格を抑えて学校の部活動への普及を図っているという記事です。テニスのサーブの成功率がわかったり、選手のプレースタイルを分析するなど、こういう技術をいち早く採用した部活が伸びていき、それが市場全体の底上げを促す、そういう構図が見えてきますね。

「ダイドー、自販機にマスクや紙おむつ」

なるほど、自動販売機って、飲み物・食べ物だけを売るものではないんですね。もちろん、これまでもプロアクティブがニキビケア製品の自販機を展開したり、空港でご当地土産が販売されていたりしていますが、あくまで例外的な印象がありました。ガチャガチャなんかも人気ですが、なんとかく置き場所による住み分けがされていましたよね。それが、街中の自販機で普通に缶コーヒーの横にマスクが売られるようになる。「置き場所」の役割そのものが変化してきたからそれを受けて自分達のビジネスドメインを再定義する。勉強になります。

うどんの自動販売機のイラスト