デジトレ診断 > お知らせ

デジトレ診断スコアを使った分析

1,000社を超える診断結果のデータ

デジトレ診断は100の設問に回答することで、5つの活かし方のスコアが定量的を表示します。これまで蓄積された診断データを使ってデータ分析をしてみました。

2022年9月時点で診断を実施いただいた企業は1,007社です。一社で複数の診断を実施いただいた場合もあるため、診断の件数は1,300件を超えています。

業種別では「製造業」が多く、「情報サービス」や「士業・コンサル」、「建設・工事」と続きます。

総合スコアの平均は81.8点

今回の総合スコア平均は81.8点(200点満点)でした。5つの活かした方では、体幹力が最も高く、基礎体力、伝える力と続きます。

業種別のデジタル活用の特徴がスコアにも反映されています

業種別に5つの力の平均スコアをみると業態の特徴があらわれています。B2Cの業態が多い業種では、「伝える力」が他の力に比べて高くなっていることがわかります。

店舗を運営する小売店や理美容、宿泊などは、情報発信に積極的にデジタル活用して結果がスコアに現れているようです。

デジトレ診断 支援者プランの会員のみなさまは、上記以外にも集計・分析した結果の資料をダウンロード可能です。資料は、会員サイトからダウンロードして確かめてみてください。

『デジタルの日』公開型オンラインサロン開催のご案内

この度、合同会社デジトレは、『デジタルの日』の賛同企業となりました。

『デジタルの日』とは(デジタル庁の公式サイトより)
『2021年より、社会全体でデジタルについて定期的に振り返り、体験し、見直す機会として、「デジタルの日」が創設された記念日です。官民で連携し、デジタル関連の技術・サービスを利用した様々な取組を実施し、社会のデジタル化に向けた機運の向上に取り組みます。
2022年は、10月2日(日)3日(月)をデジタルの日、また10月1日~31日までの一ヶ月間をデジタル月間と定め、様々なイベントやキャンペーンを行うことで、日本のデジタル化を加速させる期間にしていきたいと考えています。』

当社は『デジタルの日』の取組に賛同し、以下の日程にて「公開型オンラインサロン」を開催いたします。

日程:2022年10月2日(日) : 14:00~16:00
   2022年10月3日(月) : 14:00~16:00
   Zoomミーティングにより開催(開催内容は後日、YouTube配信予定)
   参加費用:無料

内容:通常は「支援者プラン」をご利用の方を対象としたオンラインでの意見交換会(オンラインサロン)を拡張し、どなたでも参加自由な場として公開型のフリーディスカッション形式で開催します。

14:00~14:30  テーマトーク1 ツールを導入すればDXなのか?
14:30~15:00  テーマトーク2 全体最適が必要って言うけど、どうやる?
15:00~15:10  休憩  
15:10~15:40  テーマトーク3 システム導入したけど、入力してもらえない
15:40~16:00  データボードβの効果的な活用方法
 
参加用URLは https://us02web.zoom.us/j/81675136645?pwd=V0ZncUxDVjFYNzU2c1pwWmVKWTFwdz09

ミーティングID: 816 7513 6645
パスコード: 150965

中小事業者様もぜひご参加ください。
参加ご希望の方は、個別のメールにてご連絡頂けますと幸いです。

皆さまのご参加をお待ちしております。

デジトレ診断のご紹介資料をUpdateしました

わたしたちデジトレのミッションは「地域で頑張る中小ビジネスのデジタル経営現場の知恵と工夫に学び、整理・体系化して再び現場に届けること。」です。

現場で学ぶことは本当に多くあり、デジトレ診断についても、活用の仕方や有効性を表現する言葉の選択なども、利用者様から教えていただくこと、気づかされることがあります。

デジトレ診断のご紹介資料も、そういった視点を都度反映してきていますが、この9月にも次のような改版をさせていただきました。

  • 「組織のデジタル力を定量化する」という言葉を新たに選択しました。
    • 最近はDX診断ツールが様々登場しています。これはよいこと、中小ビジネスにとっての選択肢が増えるのは健全なこととわたしたちはとらえていますが、同時に、診断ツールの選択に迷われてしまうようであれば本末転倒。デジトレ診断の特徴をより明確にお伝えできる言葉を選択することが大切、そう考えました。
    • 「デジタル力=デジタルを活かす組織能力」と定義し、それを定量的に可視化するのがデジトレ診断、そういう説明の仕方を選択しています。
  • 設問について、より明確に「ベストプラクティス」と説明します。
    • デジトレ診断の設問は、中小ビジネスの多くの事例に共通する模範的取り組みを100抽出し、設問化したもの。これをしっかりとお伝えするのも価値をご理解いただくために必要と考えます。そこで、「ベストプラクティス」という説明をより明確に記載しました。
  • 「ありたい姿整理シート」の位置づけも明確に
    • すでに、デジトレ診断Quickでは、ご利用になる前に、「ありたい姿整理シート」で経営の方向感を整理してからお取組みください、とご案内しています。漠然と、問題意識や、方向感がないままにデジトレ診断をしても、自社が取り組みたいテーマは見つかりにくいことがわかっています。やはり、夢を持って、意欲を持って自己診断することで、効果的なアクションが見つかるので、そういった点で、「ありたい姿整理シート」はデジトレ診断と一心同体の必要不可欠なシートとして明確に位置付けました。
  • 「中小ビジネスのDX=カイゼン×デジタル」思い切って定義してみました。
    • 中小事業者や農業経営者にとってのDXって何だろう、大手企業のDXとはまた視点・位置づけが違うな、と感じながら歩んでくるなかで、やはり「カイゼン」という言葉は重要であると再認識しました。
    • 「カイゼンをいくら積み重ねても変革にはつながらない」そういう論もあることは理解しています。が、実際の中小ビジネスの現場では、まずやるべきはカイゼンであるし、それは取り組みやすい第一歩になる、そこにデジタルを取り入れてみる、これがDXへの第一歩となる、そう考えています。
    • カイゼンも、徹底的に高みを目指せば、半自動・全自動・アウトソーシングと業態や事業の在り方の変化にだってつながるわけで、「変革」というとらえにくいマジックワードを使うよりは、使い古された(と思い込んでいる)「カイゼン」という言葉にあらためてフォーカスし、そういった取り組みを積み重ねる先に事業変革あるいはトランスフォーメーションにつながるアプローチが待っている、という点をお伝えしたいと考えています。

ぜひご覧いただければ幸いです。なお、支援者プランご契約の皆様は、パワーポイントファイルでダウンロード可能になっていますので、ご自身のプレゼン資料と組み合わせてご利用いただくことが可能です。

デジトレ診断のURLを更新しました。

2022年9月分のデジトレ診断のURLを更新しました。
有効期間は2022年9月30日までです。

●支援者の皆様
 「URLご案内シート」または、会員サイトの「お知らせ」をご覧ください。
 来月以降は「URLご案内シート」のみでのご案内となります。

支援者プランにて「URLご案内シート」の提供を開始

この度、支援者プランのご契約者様を対象に「URLご案内シート」の提供を開始しました。

この「URLご案内シート」は、デジトレ診断に関連する複数のURLをわかりやすく一覧にしてご案内するものです。

  • デジトレ診断(100問版)支援者ID付きURL、パスワード ←毎月自動更新されます
  • デジトレ診断Quick(50問版)支援者ID付きURL
  • データボードβ URL
  • デジトレ公式ホームページURL
  • 会員サイト(MiiT+)URL
  • 会員サイト ファイルダウンロード URL
  • 会員サイト イベントスケジュール URL
  • 各種リクエストフォーム URL
    • 翌月以降のデジトレ診断のURLとパスワード
    • チラシ・ノベルティ
    • 書籍割引販売
    • その他

※Google ID宛に共有設定のご連絡をさせていただいております。

この「URLご案内シート」のURLのみブックマークしておいていただければ、毎月、デジトレ診断のURLやQuickのURL、データボードのURLなど、すぐにご確認いただくことができます。ぜひ上手くご活用いただければと思います。

旧「デジトレ診断 基本プラン」をご利用の皆様へ

2022年8月3日より、デジトレ診断基本プランを廃止し、デジトレ診断Quickを無料で自社の自己診断にご利用いただけるようにしました。
次のページからアクセスしてください。

codocにて7月1日から7月31日までの間にデジトレ診断基本プランのご利用料金をお支払いいただいた方には、デジトレ診断(100問版)のリンクを2022年8月末まで個別にご案内させていただきます。大変お手数ですが、info@dejitore.comまでお問い合わせください。

中小企業や農業経営体のDXを加速する無料のオンライン⾃⼰診断ツール「デジトレ診断Quick」を提供開始

すでに1,000社以上の中⼩企業や農業経営体が利⽤している「デジトレ診断」の無料版をリリース

中⼩ビジネスのためのデジタル経営の⾃主トレ⽀援サイト「デジトレ」を運営する合同会社デジトレ(東京都中央区)は、すでに1,000社以上の中⼩企業や農業経営体が利⽤している、⾃社のデジタル活⽤度をセルフチェックしてDX・デジタル活⽤の次の⼀⼿を⾒つけるためのオンライン⾃⼰診断ツール「デジトレ診断」の無料版として、「デジトレ診断Quick」の提供を2022年8⽉より開始いたします。

合同会社デジトレが提供するオンライン⾃⼰診断ツール「デジトレ診断」は、⾃社のデジタル活⽤の現状を俯瞰でき、デジタルをどこまで活かせているのか、強いところ、⾜りないところが⼀⽬でわかる⾃⼰診断ツールです。


100問からなる設問は、中⼩企業や農業経営体の実際のデジタル活⽤事例から抽出したベストプラクティス集となっており、設問に回答しながら模範とすべきデジタル活⽤の取り組みや視点を学び取り、⾃社に必要な次の⼀⼿を⾒つけることができます。


2020年に有料版として提供を開始して以来、主にITコーディネータや商⼯会議所などの中⼩ビジネスの⽀援者を通じて、DXセミナーや研修会、個別相談の場で、1,000社を超える事業者にデジトレ診断を活⽤いただいています。


この度、設問数を従来の半分の50問に厳選した「デジトレ診断Quick」をあらたに開発し、これを無料で⾃⼰診断に利⽤できるようにしました。


これにより、さらに多くの中⼩企業や農業経営体の⼿にデジトレ診断を届け、⾃ら⼿軽に短時間で⾃社に必要な⼀⼿を⾒つけていただくことで、それぞれの事業者が、⾃社にあった、事業の成⻑に直結するDX・デジタル活⽤の取り組みを加速できる環境を整えます。


<商品・サービス概要>
デジトレ診断は、⾃社のデジタル活⽤の現状を俯瞰でき、デジタルをどこまで活かせているのか、強いところ、⾜りないところが⼀⽬でわかる⾃⼰診断ツールです。


【1】職場のデジタル活⽤度を把握する

デジトレ診断は、職場のデジタル活⽤度を独⾃の指標である「5つのデジタル⼒」と「20の強化ポイント」で定量化します。情報システムなどデジタルツールの環境整備の状況と、システムやデータを活かすための組織としての習慣化の現状を、客観的指標で把握できます。

【2】ベストプラクティスから学ぶ
デジトレ診断の設問は、中⼩企業や農業経営体の実際のデジタル活⽤事例から抽出したベストプラクティス集です。先進的な中⼩ビジネスはどのようなデジタル活⽤に取り組んでいるのか、どういった視点を持つ必要があるのか、⾃社で出来ていないのはどんな点か。設問に回答しながら模範とすべきデジタル活⽤の取り組みや視点を学び取ることができます。


【3】あなたの職場に必要な⼀⼿を選ぶ

現状を把握し、ベストプラクティスを学んだら、あなたの職場に必要な次の⼀⼿を⾃ら選択して実⾏しましょう。これからの事業に必要な取り組みは何ですか?⾜りないものは何ですか?
あれもこれも選ぶ必要はありません。実⾏できなければ絵に描いた餅です。ベストプラクティスの中から、あなたの職場で伸ばしたいものを1つ選び、それを着実に実⾏しましょう。あなたの⼀歩を後押しするワークシートも提供します。

わずか10分でこれらをセルフチェックできるのがデジトレ診断です。

⽐較項⽬デジトレ診断デジトレ診断Quick
サービス開始2020年12⽉〜2022年8⽉〜
設問数100問50問
アクセス⽅法WebブラウザでアクセスWebブラウザでアクセス
スコア化の⽅法独⾃指標である「5つのデジタ
ル⼒」と「20の強化ポイント
」で定量化
独⾃指標である「5つのデジタ
ル⼒」と「20の強化ポイント
」で定量化
⽣成されるレポート1)スコアシート
2)解説シート+⾏動計画シー

3)補⾜説明資料
1)スコアシート
2)解説シート+⾏動計画シー

3)補⾜説明資料
価格⽀援者プラン 18,000円/年〜無料
主な利⽤条件他社の診断に利⽤可能⾃社の⾃⼰診断に利⽤可能

ITCAテーマ研究活動【S22001】に参加するITCを募集します。

テーマ名中小企業の中でデジタル活用を推進する人材に必要なスキルマップの作成【S22001】
背景・課題認識中小企業もデジタル活用と無関係にはいられなくなる中、これまで行われてきた中小企業の経営者に対するデジタルに関する研修とは別に、中小企業の中の人材に対するデジタル活用力の向上・育成のニーズが高まっている。これに対して、我々ITコーディネータはこれまで「IT経営」を旗印に活動してきたこともあり、中小企業の中の人材の育成については、具体的な体系や研修すべきスキルを明確にできていない。
目的・ねらい中小企業の中において、経営者からの指示を受けて、デジタル活用を進める人材に必要なスキルをスキルマップとして定義し、多くの中小企業でのデジタル活用人材の育成の一助とする。
なお、想定するデジタル活用人材は、デジタル技術者ではない。社外のITベンダーやデジタル技術者の力を借りて、中小企業の中で業務を改善・変革し、社内のスタッフを巻き込んで、業務の中でデジタルを使うこと、を組み込んでいける人材を想定する。
取り組みのポイント本研究に参加するITコーディネータは、当社から参加する4人のほかは、全国から最大16人を募集し、当社から提示するスキルマップの原案および改定案をオンライン会議にてレビューする役割とする。
なお、完成したスキルマップはオープンソース(CCBY)としてITコーディネータを中心に全国の中小企業の現場での利用を促進していく
想定する参加者像中小企業のDX推進(デジタル活用による事業成長)には、中小企業の内部人材のデジタル活用スキルの養成が肝心であると共感いただける方
独立系ITCか企業内ITCかは問いませんが、できれば、完成したスキルマップに基づいて、中小企業の内部人材のデジタル活用スキルの養成に、実際に取り組みたいと思われている方(企業内研修や支援機関等への研修企画提案など)
その他なお、当該スキルマップに基づいて、各スキルを養成するための研修カリキュラムなどの教育ツールも求められるが、その制作は参加者の自由意思により行うことを参加者相互に許容し、本活動でそれを妨げないものとする。むしろ、オンライン会議の中で、希望に応じて相互レビューの時間を設けることも積極的に行う。

応募方法

  • お申込み方法
    • info@dejitore.com に以下を記載の上で電子メールにてご応募ください。
      • 件名:ITCAテーマ研究活動S22001への参加応募の件
      • お名前
      • ご所属
      • メールアドレス
      • ITC認定番号
      • 応募理由
  • お申込み期限
    • 2022年7月31日
    • 先着順とし、16人に達した時点で締め切らせていただきます。ご了承ください。
  • 活動方法活動
    • 一か月に一回のペースで、土曜日または日曜日にオンライン会議にて実施します。
    • オンライン会議では、当社からご提示するスキルマップの原案および改定案に対して、レビュアーとしてご意見をいただきます。
    • また、スキルマップに基づいた研修カリキュラムなどを自発的に制作された方がいた場合には、そのレビューの時間に充てることもあります。

 

※テーマ研究活動に参加されたITCは、実践力ポイント2ポイントを取得できます。テーマ研究活動について詳しくはITCAのこちらのサイトをご確認ください。 https://www.itc.or.jp/foritc/itccommunity/outline.html